最新情報!クラファン6社徹値比較

top > クラファンの豆知識 > クラファン業者ではどこを比較するべきか

クラファン業者ではどこを比較するべきか

 クラウドファンディングというやり方で様々な資金の融通をし合うということができたりするわけですが実際問題としてなかなか難しいことの一つとしてあるのが、どの業者を選ぶのかということです。
クラファン業者を比較する要素というのはいくつもあるわけですがどのようなことを意識して決めるべきであるのか、といったことを知っておく必要性があります。
その一つとしてあるのが手数料になります。
当たり前ですが資金を融通してもらう、援助してもらうという事なのですが、それは業者の取り分もあるわけです。
クラファン業者も企業としてやっているわけですから、しっかりと手数料を比較した上で決めるということがポイントになります。
基本的に定額か、定額の上に利率か、それとも利率だけか、というような形になるでしょう。
これがまずは第一の比較ポイントになります。

 融資型クラウドファンディング運営会社が破綻してしまうということもあるわけです。
そうしたことがないような業者を選ぶということも重要になるでしょう。
この場合、出資された人達はどのような対策をしなければならないのかとか、返金の義務が出資された側にあるのかどうかといったようなことはあるでしょう。
そもそも出資されたということでお金を借りることができるような形にはなるのですがすぐに自分たちの手元に来るのかということではなくファンディング業者が一旦預かるというような形を取る場合、タイミングよくそういう時に倒産されてしまったりすると物凄くトラブルになるのでそのクラウドファンディング業者がきちんとした経営を行っており、健全であるのかどうかということが比較しなければならない一つの要素でもあります。

 ちなみに自分が出資をしたい側の人間である場合も業者をしっかりと選ぶ必要性があるわけですがそれは当然倒産する可能性とかそういう部分ではあるわけですが手数料に関してはほぼ気にしなくても良いです。
つまりは今時、クラウドファンディング業者で手数料を取るというのは出資者側から行っているということはほとんどないです。
ですから、出資者はそこまでどのクラウドファンディング業者で出資するべきか、というときに業者の手数料というのはそんなに気にすることではなかったりします。
ですが、キチンとした経営をしているのかどうかと言う事は出資する側としては当然、気になる部分です。
金融業ですから金融庁の許可は得ているわけですか経営に関しての責任を金融庁がとってくれるわけではないので注意しておきましょう。

次の記事へ

ページトップへ