最新情報!クラファン6社徹値比較

top > クラファンの豆知識 > クラファンの比較はどのように行うべきか

クラファンの比較はどのように行うべきか

 現在、企業においては様々な資金の調達方法が認められていますし、手段が増えているといってもよいでしょう。
その一つとしてクラファンがあります。
これはクラウドファンディングと呼ばれるものでありインターネットを介して資金の需要者と供給者を結びつけるサービスということになります。
これによって金融機関などからなかなか借りることができないような事業に対して広く、資金を募集するという事ができるようになります。
さらにいえば個人的に行ってみたいような行動というものがあったりした場合にそのための資金を賛同してくれる人たちから集めるといったような寄付タイプのものもあります。
しかし、このクラファン業者にも色々と特徴がありますし、どれを選ぶのか、と言うのは比較する必要性があります。

 クラウドファンディング業者のようなところを比較すれば良いのかということですがそもそもこういう業者を利用して、資金調達をしようということになりますと当然ですが業者の取り分も必要になりますので手数料というのが差し引かれることになります。
その手数料に関してはかなりその業者によって違いが出てくることが多いので、そこから比較するとよいでしょう。
大体相場で言えば5%から30%ぐらいの間になります。
恐ろしく間が広がっているというのですが、どのような形での資金調達の方法となるのかということによってもやはり違ってくることになりますし、決済手段とかあるいは業者がある程度何かしらの保証をするというようなこともあったりするので一概に手数料のみで良い、悪いとは言いがたいことです。

 それでは他にどのようなことから考えるべきであるのか、業者の比較をした方が良いのかということになりますが例えばその業者の得意とする分野なんてものが分かりやすかったりしますと比較しやすいです。
どのような事に対して資金募集をしているのか、出資者を募っているのか、ということによってクラウドファンディング業者を変えるということはよくある話なのですがそれはつまり、そういう人が多いということです。
考え方によっては特定の分野に対する出資に対しての興味を抱く人が多いというような形になるわけです。
その分野に自分の求めることがフィットするのであればそういう業者を選んだ方が多少、他の業者よりも手数料が高かったりしても出資の成功率が高くなるわけです。
こうした点を比較することは、とても重要です。

ページトップへ